はじめに

みんなが暮らしやすくなる社会を目指しています

みんなが笑っている画像 自閉症への理解がほとんどなかった昭和の時代に、「育て方が悪いから……」などと言われ、悲しい思いをされたお母さんたちが集まる場所がありました。その場所で、14名の親たちは「親の会」を作ることを決めました。
 以来、宮崎県自閉症協会では、障害のある子どもときょうだい、ボランティアによる「土曜学級」や「療育キャンプ」、自閉症に対する理解を深めるための研修会・講演会などの修理啓発活動、および行政への要望活動などに取り組んでいます。
 自閉症への正しい理解がさらに深まり、自閉症の人たちとすべての人たちがともに幸せに暮らせる社会実現を、心から願っています。


更新情報のお知らせ 

防災ハンドブック 

一般社団法人 日本自閉症協会が発行している防災ハンドブック「支援者向け」「本人・家族向け」をご活用下さい。日本自閉症協会様のページよりご覧いただけます

防災ハンドブック「支援者向け」
防災ハンドブック「本人・家族向け」
助けてカード


ページトップに戻る